より一層一流となった品川美容外科での施術

様々な事例

品川美容外科で起きた死亡事故

より美しくなりたいという要望に応えるべく、日本の美容外科業界は進歩してきました。最近では美しい女性モデルが登場する美容外科のテレビCMなども頻繁に放送され、「美容整形で手軽に素敵に変身できる」というイメージを持っている方も多いと思います。しかし、過去には患者が死亡する医療事故も起きています。ここでは品川美容外科で起きた死亡事故について振り返りたいと思います。これは品川美容外科の医師が、脂肪吸引の手術で患者の内臓を傷付け、患者の様態の変化に気付かず、その後死亡させたというものです。品川美容外科の医師は起訴され、有罪判決が下されました。脂肪吸引は場所にもよりますが10万円〜60万円ほどでできるため、人気のある施術です。

起訴事例から学ぶ、美容整形

なぜこのような事故が起きてしまったのでしょうか。起訴後の裁判では、医師が患者の命の危険に気付けたかが論点となりました。一部の報道では、品川美容外科が利益を追求するあまり、多くの手術を短時間で行い、患者のケアが十分に行き届いていなかったのではという問題提起がされています。美容整形には、後遺症や副作用などのリスクが伴うものです。美容整形を利用する私たちも自分の身体を守るために、医師とどのようなコミュニケーションを取るべきか、どんなクリニックを選ぶべきか、この起訴事例から考えさせられます。一方クリニック側も、この起訴事例を受けて変化が見られます。より施術内容をオープンに、クリアにしようという動きが出てきています。クリニックと信頼関係を築くことが重要そうです。